最近 Twitter Cards が全然 動かない。

スクリーンショット 2013 09 13 2 53 03

Tetoatom(てとむ)です。
専用のタグ付けをしておくと、ツイートにサムネイル表示などをすることができる Twitter Cards ですが、最近自分のページをツイッターに流した時に、Twitter Cards が効いていませんでした。

忙しくてなかなか、修正できませんでしたが、ようやく治ったと思いますので、投稿します。

変なリンクになっていた。

私は自分のページをツイッターに流す際に、Feedlyに自分のブログのフィードを登録してあるので、Feedlyアプリから、Bufferを経由してシェアしていました。

しかし、Feedlyに登録している自分のFeedは、長らくメンテしていない Feedburner から取得しておりました。

その為、謎のパラメータがいっぱいついた、URLとなっていました。
Feedlyアプリは短縮URLも実施してくれるので、展開した後のURLについて特に確認していませんでした。

おかしいと思い、未圧縮のURLをCard Validatorにかけると、問題ないのですが、Feedly経由のURLで実施すると失敗していました。

基本的にURL短縮しても問題なく表示される Twitter Cards ですが、特定のURLに関しては問題となるケースが有るのかもしれません。

その為、今後はBufferアプリを使用してシェアするようにしています。

これで表示ができたと思います。

せっかくなのでカスタマイズ

時間があるので、 Twitter Cards のカスタマイズを実施しました。
私は Twitter Cards の設定には「Twitter Cards」を使用しておりますが、このアプリは各パラメータのカスタマイズも可能なようです。

プラグインの設定ページがあって、そこから設定できればよいのですが、残念ながらこのアプリ、設定画面は存在しません。

その代わり、フィルターを追加することでパラメータの変更を行うことが可能です。

本プラグインのFAQに関数の追加方法が記載してあります。

基本的には WordPress テーマの function.php に追加すれば良いのですが、私の環境ではうまく動きませんでした。

その代わり、該当のフィルターを「…/wp-content/mu-plugins/twitter-cards.php」というファイルを新しく作って、追加することでも設定が可能です。

私はこちらに設定したら期待通り動作しました。

で、今回は「twitter:card」タグを「summary」から「summary_large_image」に変更してみました。

あわせて読む

コメントを残す