Google Plusプラグイン用にGoogle apisでClient ID/API Keyを取得してみた。

By: Fabrizio Van Marciano

こんにちは。

WordPressのプラグインでGoogle Plusのストリームを表示するウィジェットを導入したかったので、設定可能なプラグインをインストールしてみました。
その際、Google+のClient IDなるものが必要とのことで、作成してみました。

まずは、以下のサイトにアクセスします。
https://code.google.com/apis/console/
プロジェクト作成を1度もしたことがなければ、以下のアイコンをクリック。

プロジェクト作成したことがある場合は、上記のアイコンは表示されないようです。
サイドバーの「API Project」のセレクトボックスを選択すると「Create..」とあるので、そちらから作成可能になっています。

遷移した画面の中から「Google +API」という項目を見つけて、ボタンを「ON」にします。
次の画面にて規約への同意をします。
次に、サイドバーから「API Access」へ移動して、「Create an OAuth 2.0 client id…」ボタンをクリックしてClient IDの生成を行います。

ポップアップでプロジェクトの情報入力が求められますので、入力します。
今回はブログのウィジェットに設定するIDなので、ブログ名などを入力します。

スクリーンショット_2013-03-17_14.15.37-2

  • Product name: ブログ名を入力
  • Product log: ロゴがあるならば、ロゴのURLを入力
  • Home Page URL を入力

「Next」ボタンで次の情報入力へ。

スクリーンショット 2013-03-17 14.21.54

 

  • Application type: 今回はブログのウィジェットに使用するので「Web application」を選択。例えばiPhoneアプリとかで使用することになれば「Installed application」を選択することになるのか?
  • Your site or hostname:ブログのURLを入力しておきます。
  • Reirect URI:ブログのURLを入力すると生成されています。

 

これで、設定は完了です。
Client IDやAPI Keyが生成されていますので、必要な情報を使用しましょう。

あわせて読む

コメントを残す