ブログを書き続けるということ。

road trip journal

Tetoatom(てとむ)です。
ブログをなんで書き始めたのか。。

そもそも、私のブログ構築のきっかけは、やっぱり WordPress の存在ですね。
ソフトウェア開発を本業としておりますが、簡単にインストール可能なブログシステムというのは本当に魅力的でした。

昔は自分でHTMLを書いたり、ホームページビルダーなどを使っている人もいたと思います。
あのダサさはひどかってですね。。

それが、今では HTML/CSS 初心者でもかなり完成度が高いサイトを作成することが可能になりました。

また、WEB上にもWordPressに関する情報は豊富に存在します。

困ったときにはまず、WEBを検索して、最悪見つからなければフォーラムに質問すれば、ほぼ回答が返ることかと思います。

そんな、WordPressでサイト構築することは日曜大工に似ていて、組み立てる楽しさがあります。
はじめはただ、作るだけでした。
別に記事はなくても綺麗にサイトができればそれで満足でしたが。。やはり、ブログというのはコンテンツがあってこそのデザインというところもあります。

そこで、少しずつ記事を書くようになりました。
はじめは、めんどくさかったのですが、書けば書くほどアクセス数も増えるし、書かなかければ書かないだけアクセス数が減る。。

そこもブログを書き続けようと思う力になったと思います。
少し、辛い時もありますが、自分の作ったものが少しずつ、品質が上がっていくことは嬉しいのです。

それ以外の理由が

これは、最近思ってきましたが、ブログを書く時間を確保することで、自分の時間をどのように使うか効率的に考えるようになってきました。
仕事の時間でも、通勤中、休憩中は昼寝するのではなく、情報収集を行ったりします。
これは、もちろん、ブログにつながるかも知れないし、その先として仕事につながるかもしれません。

仕事へのメリット

最近の若い世代は、WEBで調べることですべて解決すると思っている傾向が有るように感じます。(私の偏見です。)
仕事で調査を依頼しても、「このページにそのように書いてあったので」などとの回答が来る場合があります。

それは、大きな間違いです。
当然、私はそれは何のエビデンスにもならないことを伝えます。

しかし、あまりそれが理解してもらえないようです。
WEBは、さまざまな人が使用しやすくなっていく一方で、だれでも情報発信が可能になっています。

情報の発信者が多くの場合、その分野で初心者なのです。
もちろん、自分の職業に基づいた知識を公開しているような記事も存在します。

しかし、それはその人の経験の話を書いているだけなので、何かのマニュアルにはなっていない場合が多いです。
そのため、必ずしもこちらシチュエーションとマッチするとは限りません。

参考にするのは構いません。
しかし、その後に、自分で確認しなければ確実なことは言えないのです。

本当に有益な情報を提供しているサイトが有る一方で、怪しげなサイトも存在します。
自分のブログにしろ、自信はありません。

参考にしていただくのはかまいません。
しかし、最後はご自身でその信ぴょう性を確認頂きたい。

もし、そのサイトに誤りがあれば、自分の調査結果を添えて伝えると、そのサイトも成長しますし、自分自身も指摘ができたことの自信につながります。
そして、WEB全体の品質が少しずつ上がっていくと思います。

WEBから多くの情報をもらいますが、それは参考程度にしなければならなくて、最終的には見定めなければなりません。

どのように見定めるか

プログラミング関係のことならば、参考サイトに記載されているソースを参考にして、コンパイル->動作確認まで行っています。
それにより、問題なければよいでしょう。。

私の経験上、当然環境が違うこともあるので、そのままコピペでうまく動いたケースというのは少ないです。
ちゃんと動作確認までして、動けば問題無いと言えるでしょう。

プログラミング関連については、実際に動作確認をすることで信ぴょう性を得られますが、情報についてはどのように見定めれば良いのでしょうか。

やはり、その情報に基づいて実践するしか無いと思います。
しかし、出費を伴うような情報については、まずは実践とはいかないでしょう。

私個人の考えですが、WEB上の情報から出費を伴う情報は実践しません。
信用もしません。

アフィリエイトや広告がどうだとかは無料で始められるし、自分で試行錯誤すればよいでしょう。

いくら払って、これだけの情報がもらえるから、それを実践すると。。なんていうのは信じられません。

WEBによる集客力は計り知れません。。ステマしかり。。

基本的にはWEBの情報は信じず、どうしても気になるならば、直接発信者に問い合わせたり、同様の情報を書籍や新聞などから見つけ出します。

WEBが全てだとは思いたくないですし、なんでも鵜呑みにしたくないです。

そのためには、冷静な目で判断し、能動的に情報の正当性を確認する力が必要です。

まあ、WEB が無いと生きていけないのは事実です。
仕事できませんよ。

あわせて読む

コメントを残す