プレミアムフライデーは休みづらい月末金曜日だから意味があるんじゃないの?

月末金曜日に消費を喚起するために提唱されたプレミアムフライデー。

私のまわりでは「うちの会社にプレミアムフライデーはない」とか、「プレミアムフライデーは残業多め」なんていうのをよく耳にします。

しかし、いざ街に繰り出すと通常の金曜日よりも少しだけにぎわっている気がします。

2017年2月24日から開始されたわけですが、いまだにプレミアムフライデーの効果を感じています。

土日が休みの一般的な会社員にとって、プレミアムフライデーに飲み会をしたり遊びに行くことは「目標」のひとつになっているのではないでしょうか。

 

しかし、こんな記事を見つけました。

「プレミアム金曜、月初めに変更も」

月末は多忙な場合が多く、月初に移動すべきだとの声があるそう。

しかし、先にも述べました通り、休みづらい「月末の金曜日」に早く仕事を切り上げようとすること自体が重要なことであり、消費を喚起する必要があるのではないでしょうか。

月初は比較的、忙しくない場合があると思いますが、そんな日を改めてプレミアムフライデーと謳うことに何の意味があるのでしょうか。

飲み屋にしても、月初の金曜日はそれなりに客入りもあるのではないでしょうか。

 

難易度の低い目標に対してご褒美を挙げることは何のメリットも感じません。

月末の忙しい時期や、消費が少ない時期を「プレミアム」として何か特典を設けたりすることこそが本来の目的ではなかったのでしょうか。

なかなか、浸透しきっていないと感じられている「プレミアムフライデー」ですが、あせらずに消費者になじんでいくのを見守ってほしいものです。

そして、会社においてもプレミアムフライデーの楽しみを理解し、会社でイベントを開催するのは必ず「月末金曜日!」などと決めるのもいいのではないかなと感じました。

 

あわせて読む

コメントを残す