[OS]新たなモバイルOSの参入について

こんにちは。
今年は様々なモバイルOSが参入してきています。

昨年末だったかな?Ubuntu Phone OSが発表されました。さらにこの頃、FirefoxOSも話題にあがり、来年は様々な新OSが出てくるだろうと思っていました。

そして、ここ数日で、かなり情報が増えてきました!

Ubuntu Phone OS

[browser-shot url=”http://www.ubuntu.com/” width=”400″]

Ubuntuは以前からデスクトップに力を入れていて、かなりデスクトップとして常用できるLinuxディストリビューションでした。
また、Androidとの親和性などにも力をいれていました。

そこで、Ubuntu Phone OSが誕生しました。
Ubuntuのインターフェースそのままで、モバイルにインストールが可能となったのです。
また、あるハード条件を満たせばUbuntu Phone OSをインストールしたデバイスがデスクトップPCにもなるという機能もついています。

これはかなり、心踊りました。
以前から一部のハッカーがAndroid端末にUbuntuをインストールしたりしていました。それだけUbuntuは魅力的なOSです。

それが、去年末ころでしたが、先日、タブレットにインストール可能なバージョンがリリースされることになったようです。
これは、かなり期待できます。

Firefox OS

[browser-shot url=”http://www.mozilla.jp/firefoxos/” width=”400″]

Ubuntu Phone OSの話が出る前から、Firefox OSの話は出ていました。

このプロジェクトはFirefoxならではで、HTML5という今後のWEB標準による開発が可能なOSとなっています。

ユーザーインターフェース自体はAndroidなどと大きな違いは感じられませんが、開発者にとってWEB標準技術による開発が行えることは、かなりアプリ開発のハードルが下がったのではないでしょうか。

また、各種WEBサービスとの親和性も優れていて、一つの検索ワードに対する各種WEBサービスの結果をシームレスに表示可能であったりするようです。

また、先日KDDIからFirefox OS搭載のデバイスが発売されるのではとの情報もありました。

[browser-shot url=”http://www.kddi.com/corporate/news_release/2013/0225/” width=”400″]
「Firefox OS」搭載端末の導入に向けた取り組みについて
~HTML5時代到来に向け、両社のノウハウを生かす協力関係を構築~

新参のモバイルOSが実用に向けて、かなり進んでいるようです。

Tizen

[browser-shot url=”https://www.tizen.org/” width=”400″]

サムスンとインテルが開発中の新モバイルOSです。

サムスンと言えばAndorid搭載のGalaxyで有名ですが、なぜここに来て新OSなのか。。

それは、すべて独自サービスを展開できるからでしょう。
サムスンが考えるTizenはAndroidとは全くの別物です。
各種アプリケーションもGoogle playのような新たなサービスから提供されることになります。

また、Firefox OS と同様にHTML5を使用したアプリケーション開発が可能で、開発者へのハードルの低さを狙い、アプリケーションの豊富さを狙うようです。

私はWEB関連は疎いのでHTML5によるアプリケーションとはどのようなものなのか、イメージがつきませんが。。

今後のモバイルOSの展開

上記したように、iOS、Android、Windows Phoneが先行しているにも関わらず、新たなモバイルOSが続々と現れてきています。
これは、果たしてどのような意味を示しているのか。。

今から新しいOSが出てきても。。と思えてしまいますが、モバイルOSでは可能なのではないでしょうか。

デスクトップではやはり、仕事上オフィスが使えないとダメだからWindowsである必要があったり、DTP関連の仕事だったらMacのクリエイティブなところが必要だったり。大昔から築かれた環境などがある為、新OS参入の余地がなかなか、難しいです。

しかし、モバイルに必要な物は今、発展途中であり、特定のアプリケーションというよりは、あるWEBサービスにアクセスする利便性が重要なのではないでしょうか。

たとえばTwitterやFacebookなどのソーシャルネットワークサービスに対するクライアントアプリは、定番アプリが決まってきましたが、ソーシャルサービスそのものがどんどん新設されていきます。

各サービスに限定したアプリはありますが、あらゆるサービスにシームレスにアクセスできるプラットフォームは存在していないのではないでしょうか。

最近ではiOSがOSサービスとしてTwitterやFacebookにログインできます。この二つのサービスに留まらず、様々なサービスに対応したプラットフォームの登場をユーザーは待ち望んでいるのかもしれません。

そして、Ubuntu、Firefox、Tizen、はたまた全く新しいOSが今後も登場してきそうな気がします。

ところで、だいぶ前にHPがモバイルのプラットフォーム webOS をオープン化しましたよね。今、考えるともうしばらく待っていれば良かったような。。

あわせて読む

コメントを残す