Bufferが遂にGoogle Plusに対応!もちろんページへも投稿可能!!

20130829-224412.jpg

Tetoatomです。
時間指定で各種SNSに投稿可能なBufferがついに、Google Plusに対応しました!
もちろん、Google Plus ページも指定可能です!今まで、ブログの投稿をGoogle Plus ページに自動投稿したい場合、hootsuiteを利用している方も多かったと思います。

Bufferに切り替えてみてはいかがでしょうか?

Buffer for Twitter and Facebook
App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料

ちなみに、私は知らなかったのですが、Facebookもページに投稿できるんですね。。
設定変えとこう。。

で、これからはiftttやhootsuiteを使わずに、ブログの更新をBuffer経由で流していきたいですよね!!

まずは、WordPressのプラグインでBufferに流せるものを探してみました。

「WordPress Buffer」でクグると先頭に出てくる「WP to Buffer」を試してみました!!

WordPressのプラグイン検索ページからインストール可能です。
WP to Buffer

インストールしたら、有効化してBufferの「Access Token」入力します。
Access Tokenについては、「Regitering an Application」のリンクからBufferにログインして、情報登録する必要があります。

スクリーンショット 2013 08 30 0 00 36
上記画像の赤枠の箇所に「Callback URL」なるものが記載されているので、おぼえておきましょう。

スクリーンショット 2013 08 30 0 02 15

  1. Name
  2. ここにはBufferのAPIを使用するアプリケーション名を指定します。
    今回はWordPressサイトで使用するので、サイト名を記載しました。

  3. Description
  4. サイトの説明(WordPressに登録してあるやつ)と同一のものを記載しました。

  5. Website
  6. サイトのURLですね。

  7. Organization
  8. Organizatiom Website
  9. これは、わからなかったため、未指定としました。(必須項目でもないし)

  10. Callback URL
  11. 先ほど、WordPressのプラグインに記載されていたものを使用します。

登録が完了すると以下のメールが届きます。

スクリーンショット 2013 08 30 0 04 49
これでWordPressプラグインのAccess Tokenの箇所にコピペします。

設定メニューは左サイドバーに個別表示されますので見やすいですね。

これで、設定ができましたので、試しに投稿してみました。

うまく投稿できているようなので、しばらくこれで様子を見ようと思います。

あわせて読む

“Bufferが遂にGoogle Plusに対応!もちろんページへも投稿可能!!” への2件の返信

コメントを残す