ブログ記事の外注は専門的な内容だと全く使えない。てかやばい。

某記事代行サービスで使えなかった記事をレビューしてみたいと思います。

・記事タイトル:HomeKitを支えるテクノロジーApple Wireless Accessory Configuration(WAC)とは?
・キーワード:HomeKit, WAC
・文字数:800文字

技術的な内容なので、今回はなかなか難しいタイトルかと思います。

今では誰もが所持しているiPhoneの中に必ずプリインストールされているアプリケーションがHomeKitであり、既に日々の生活を成り立たせるためには欠かすことができない存在として認知している方が大勢居ます。
そうした未来的なテクノロジーはWACと呼ばれ、アップル社が規格を初めて発表したのは2014年に開かれたイベント発表会でのことです。
当初は所持しているスマートフォンで家中のあらゆる事がコントロールできるというのは想像するのが難しく、個々の物体がそれぞれインターネットに繋がり続けていることも現実味がありませんでした。
しかし、世の中の人々がまだコンピュータや携帯電話以外はネットワークに繋がらないと思い込んでいた時に、アップル社は先を見越して今後どういった世の中になり住環境が変わっていくのかを先取りできていたのです。
決して大々的にWACの研究について公表することはなく、次々と業界全体を変えるような新製品をリリースし続けている水面下で開発を続け、HomeKitという名称でアプリケーションに落とし込み、アップデートと共に全ての使用者に向けて提供し始めました。
WACが優れているのは同社が製造に携わっていないアイテムでもHomeKitからコントロール可能であることであり、たとえ製造国と規格が違ったとしても電灯や洗濯機、冷蔵庫などが携帯デバイスやタブレット端末で管理できるという点です。
一見簡単そうに見えるテクノロジーではあるものの、大変高度な技術を要するというのが実情であり、そうした高い技術が結集されているからこそ家の中で照明を消し忘れている部屋があれば、手元の端末から把握することができる上に逐一歩いて移動しなくてもその場で消灯させられるのです。
こうしたWACには将来性があると言われることが多いのですが、その理由はHomeKitがアップルというたった一つのブランドからローンチされ、全ての方々に届けられていることが関与しています。
各社は独自のノウハウを製品に記録させてWACの規格に則って完成させれば良いので、コストをあまりかけることなく優れた商品が完成させられるため利益が出しやすいです。
しかも、HomeKitがプリインストールされている携帯端末やタブレット端末は世界で最も人気が高く、日本では突出して選ばれているので国内メーカーが参入するのにハードルになる事案はないため復権を狙いにはもってこいです。

納品されるスピードは本当に早くて、それは驚きです。
技術的な内容なのに記事にできたのだと期待したのですが、全然だめだし、結局ほしかった「Apple Wireless Accessory Configuration(WAC)」に関する情報はありません…

今では誰もが所持しているiPhoneの中に必ずプリインストールされているアプリケーションがHomeKitであり、既に日々の生活を成り立たせるためには欠かすことができない存在として認知している方が大勢居ます。

また、この文言から始まるのです…それくらいならこちらでもかけるので、文字数にカウントしないでほしい…

そうした未来的なテクノロジーはWACと呼ばれ、アップル社が規格を初めて発表したのは2014年に開かれたイベント発表会でのことです。

ファッ!?「そうした未来的なテクノロジーはWACと呼ばれ」がわからない…何のことでしょう…またWACについてはWWDC 2013で発表しているので、情報としても誤りです…
それから「イベント発表会」ってなにさ!?WWDCって言えよ!

当初は所持しているスマートフォンで家中のあらゆる事がコントロールできるというのは想像するのが難しく、個々の物体がそれぞれインターネットに繋がり続けていることも現実味がありませんでした。

まあ、現実味はないけど想像はしていたでしょう。未来的な映画なんかでよくあるじゃないか!

しかし、世の中の人々がまだコンピュータや携帯電話以外はネットワークに繋がらないと思い込んでいた時に、アップル社は先を見越して今後どういった世の中になり住環境が変わっていくのかを先取りできていたのです。

先取りはしてないわ!ほんっと適当なことばかり…

決して大々的にWACの研究について公表することはなく、次々と業界全体を変えるような新製品をリリースし続けている水面下で開発を続け、HomeKitという名称でアプリケーションに落とし込み、アップデートと共に全ての使用者に向けて提供し始めました。
WACが優れているのは同社が製造に携わっていないアイテムでもHomeKitからコントロール可能であることであり、たとえ製造国と規格が違ったとしても電灯や洗濯機、冷蔵庫などが携帯デバイスやタブレット端末で管理できるという点です。
一見簡単そうに見えるテクノロジーではあるものの、大変高度な技術を要するというのが実情であり、そうした高い技術が結集されているからこそ家の中で照明を消し忘れている部屋があれば、手元の端末から把握することができる上に逐一歩いて移動しなくてもその場で消灯させられるのです。

もう、やばいとしか言いようがないですね…なんのことを言っているのかな…?

こうしたWACには将来性があると言われることが多いのですが、その理由はHomeKitがアップルというたった一つのブランドからローンチされ、全ての方々に届けられていることが関与しています。

どした?何度読んでもスッと入ってこないです…

各社は独自のノウハウを製品に記録させてWACの規格に則って完成させれば良いので、コストをあまりかけることなく優れた商品が完成させられるため利益が出しやすいです。
しかも、HomeKitがプリインストールされている携帯端末やタブレット端末は世界で最も人気が高く、日本では突出して選ばれているので国内メーカーが参入するのにハードルになる事案はないため復権を狙いにはもってこいです。

なんでしょうね。ほんとまわりくどい文言なんですよね。
「HomeKitがプリインストールされている携帯端末やタブレット端末」(笑)
「iPhone/iPad」でよいですよー

まったくもう…

※ちなみに「WAC」とは国内ルーター製品に実装されている「AOSS」や「らくらく無線スタート」といった「WPS」技術のApple版のようなものです。
WPSと互換性はありませんが、新規デバイスを既存無線LANネットワークに安易に接続することができます。

参考:
Shinobiライティング

あわせて読む

コメントを残す