iOS 11の新機能「MusicKit」に関する記事を外注してみた

某外注サイトで以下の情報で外注しました。

・記事タイトル:iOS 11の新機能「MusicKit」でできること
・キーワード:iOS 11, MusicKit
・文字数:800文字

そこで納品されて来たのは以下の内容

毎年欠かさず開催されるイベントではこれまで発表されてこなかた数々の新機能や新製品の情報が届けられるのですが、その中でファンや専門家が特に注視したのがiOS 11のMusicKitについてです。
名称からもわかるように会社全体が得意としている音楽に関することなのですが、音楽面だけに限ったことではなくオーディオビジュアル全体に影響力が及ぶという見方があります。
過去に世の中に存在しなかった画期的な製品のリリースにより既存のシステムを見直し、人々に対して新しい体験を届けてきた会社だからこそ、もう一度同じような変革をiOS 11で巻き起こそうとしているのです。
ミュージックという名称が付けられているものの、発表会で真っ先にスクリーンに映し出された内容は近年大勢の人々に身近になってきている高画質な映像についてです。
特にファイルのフォーマットについては熱心に説明が行われ、現時点の形式を再構築し尚更ユーザーにとって身近なものに感じられるように汎用性を高めるといったことでした。
こうしたことから端末を使用している者において受けられる恩恵は、相手の顔を見ながら会話が楽しめるビデオ通話の技術向上と使い心地のアップです。
かつては処理能力や通信速度の面から品質を若干落として取り扱いしなければならなかったのですが、MusicKitによってそのままの様子でやり取りが実行できるようになります。
そして、同社が手がける端末は種類が異なるデバイス同士でも連携がスムーズであり、選択肢を一度クリックするだけで今楽しんでいる作品などがテレビやコンピュータに飛ばせるという強みがあります。
MusicKitではそうした連携も強固なものになり、中でもiOS 11をインストールしている機器から対応しているスピーカーに向けて一斉に送信させられるようになっています。
これらの様相からわかることは単に利便性が高くなるだけではなく、今後自社のサービスが大幅にテコ入れされストリーミングサービスを基本として生まれ変わるという予兆でもあります。
つまり既に充実している作品数をなお一層増やすことにより探し求めているアイテムを確実に見つけられるようにしてくれるのです。
加えて、MusicKitでは今後確実に流行すると考えられている仮想現実にも対応しており、他社のシステムに加えて消費するバッテリーの量が小さいまま熱中することが可能になっており、長い間楽しく過ごせます。

今回も納品までのスピードはすごいです。依頼後、翌日には納品されます。

毎年欠かさず開催されるイベントではこれまで発表されてこなかた数々の新機能や新製品の情報が届けられるのですが、その中でファンや専門家が特に注視したのがiOS 11のMusicKitについてです。

だーかーらー「WWDC」って言えばいいでしょーが!でも、いつものことなのでこの辺りは修正すればよいです。
うんうん、その他はそれっぽい冒頭だぞ!

名称からもわかるように会社全体が得意としている音楽に関することなのですが、音楽面だけに限ったことではなくオーディオビジュアル全体に影響力が及ぶという見方があります。
過去に世の中に存在しなかった画期的な製品のリリースにより既存のシステムを見直し、人々に対して新しい体験を届けてきた会社だからこそ、もう一度同じような変革をiOS 11で巻き起こそうとしているのです。
ミュージックという名称が付けられているものの、発表会で真っ先にスクリーンに映し出された内容は近年大勢の人々に身近になってきている高画質な映像についてです。
特にファイルのフォーマットについては熱心に説明が行われ、現時点の形式を再構築し尚更ユーザーにとって身近なものに感じられるように汎用性を高めるといったことでした。
こうしたことから端末を使用している者において受けられる恩恵は、相手の顔を見ながら会話が楽しめるビデオ通話の技術向上と使い心地のアップです。
かつては処理能力や通信速度の面から品質を若干落として取り扱いしなければならなかったのですが、MusicKitによってそのままの様子でやり取りが実行できるようになります。
そして、同社が手がける端末は種類が異なるデバイス同士でも連携がスムーズであり、選択肢を一度クリックするだけで今楽しんでいる作品などがテレビやコンピュータに飛ばせるという強みがあります。
MusicKitではそうした連携も強固なものになり、中でもiOS 11をインストールしている機器から対応しているスピーカーに向けて一斉に送信させられるようになっています。

やばいやばいやばい。MusicKitというのは主にApple Musicにアクセスするためのインターフェースなんですが、ビデオ通話の話になったり、なんかAirPlayの説明っぽいことも書いてあります…

これらの様相からわかることは単に利便性が高くなるだけではなく、今後自社のサービスが大幅にテコ入れされストリーミングサービスを基本として生まれ変わるという予兆でもあります。
つまり既に充実している作品数をなお一層増やすことにより探し求めているアイテムを確実に見つけられるようにしてくれるのです。
加えて、MusicKitでは今後確実に流行すると考えられている仮想現実にも対応しており、他社のシステムに加えて消費するバッテリーの量が小さいまま熱中することが可能になっており、長い間楽しく過ごせます。

適当さが半端ないですね…MusicKitのことを説明して~

参考:
Shinobiライティング

あわせて読む

コメントを残す