Apple Watch Series 3 に最適と考えたワイヤレスイヤホン Jaybird RUN を予約したが全然届かない

Jaybird RUN を公式サイトで予約購入したのですが、全然届きません。。。
Amazonではすでにレビューが何件か投稿されているため、Amazonで購入するのが正解だったようです。。。

公式サイトで購入するのが最速と思っていましたが、やはりAmazonで買える場合はAmazonを利用した方が良さそうです。Amazonってすごい。

ところで、Amazonのレビューを見ていると、音の途切れが気になるというコメントが目立ちます。

無線接続するデバイスではデータが衝突しないように「キャリアセンス」という処理を行っています。これは、同一の無線帯域チャネルを利用しているデバイスが他にいないか確認してから、データを送信するというものです。
車で例えるならば、一時停止をして左右確認をしてから発進するようなものです。

しかし、Bluetoothではこの「キャリアセンス」を行わずに、チャネルを動的に切り替えながらデータ通信を行います。
これは、標識を見ずに車線変更しながら走行している車のようなものです。衝突した場合は、新しい車で走り直します。

このような仕組みであるため、Bluetoothは無線であるにも関わらず、デバイス同士のデータ衝突が少ないと思われています。

どこに原因があるかは以下の手順で確認していけば問題点が見いだせるかもしれません。

  1. ランニングコースなど、人で混雑していない場所で利用してみる
  2. 電車内で利用してみる
  3. 都内の混雑した街中で利用してみる

上記1の場合は無線の衝突がほとんどない状態での利用です。ここで音が途切れるならば、接続そのものに問題があると思われます。

上記2の場合は電車内という限定的な状態での利用です。これで音が途切れるならば、チャネル切り替えがうまくできていない可能性があります。

上記3の場合はかなり無線データが飛び交っている状態での利用です。ここで音が途切れるならば、途切れ具合をよく確認する必要があります。別のBluetoothイヤホンと比較するとより品質がわかるかと思います。

手に入れたらまずは上記のシチュエーションで試して見たいと思います。
私の場合、通勤時はワイヤードのイヤホンを利用しており、ワイヤレスはランニングなどに限定しています。
しかし、人気の少ない場所でも途切れるとなれば、Bluetooth製品として大問題だと思いますので、まずは確認したいと思います。

いつ、手元にいつ届くのだろう。。。

あわせて読む

コメントを残す