[Xcode 4.3]iPhoneをワイヤレスデバッグしてみる

Xcodeの環境設定はほとんどイジってないが、ふと環境設定の「General」を見てみたら、「iOS Device Discovery」というチェックボックスがあり、「Support Wirelessly Connected Devices」と記載されていた。

もしかして、Over The Airでデバッグが可能なのか?

よくわからないので、設定してみた。

設定は単純にチェックボックスにチェックを入れてから、適当なプロジェクトを起動。

しばらく待ってみる。。。。。

。。。。。。

。。。。。。

。。。。。。

う〜む。。

なにも反応無し。。

一度、Xcodeを再起動してみよう。。

再起動し、適当なプロジェクトを起動。

しばらく待ってみる。。。。。

。。。。。。

。。。。。。

。。。。。。

う〜む、反応無し。。。
一度、USBで接続してみよう。
すると、Xcode側でなんか処理が走っている。。
いつもより、眺めに時間がかかっている気がする。
Wireless用の設定をしてるのか!!!?
しばらくすると、通常通り接続しているデバイスが表示されたので、一度USBからiPhoneを抜いてみる。。

しばらく待ってみる。。。。。

。。。。。。

。。。。。。

。。。。。。

う〜む、反応無し。。。
また、Xcodeを再起動してみるか。。
再起動してプロジェクト開いて、しばらく待つ。。。
ん?んん???
来たーーーーー!!!
デバイスが表示されました!!
よし、プロジェクトをRunしてみる!!
などなど、ごちゃごちゃとやっていたら、iPhoneがスリープして接続がきれてしまったのか、Xcode側のデバイス表示が消えてしまった。
iPhoneのスリープ解除してもつながらない。。
接続きれたらXcode再起動が必要なのか????!!??
めんどくさいけどとりあえず機能を試したいので、Xcodeを再起動。
今回は起動して、デバイス認識したらすぐにRun!!
お!おお!!
自作アプリのインストール完了!!
やった!できたできた!!
なんでもかんでも無線でできるのはかなりいいね!
ただ、iDeviceがスリープしてしまうと接続が切れるのはめんどくさいね。
iTunesと同期するときはiPhoneスリープしてても同期できるのにね。。。
ま、ひとまずこんな機能がありますと。
あ、あれ?デバッグはできないのかな?
インストールだけ???
もうちょっと調べてみます。。

あわせて読む

コメントを残す