【悲報】Facebookは4/25以前に「publish_actions」を廃止した模様

WordPressにおけるソーシャル連携として便利な「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」ですが、昨日くらいに新たに立ち上げたWordpressサイトでFacebook連携がエラーとなって機能しませんでした。

具体的には上記のプラグインでFacebook連携を行う際に以下の作業が必要です。
1. Facebookページ作成
2. Facebook for developers にて当該アクセスのために「Facebookログイン」を有効か
3. 「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」に上記設定を追加

上記の作業を4月の前半頃に実施した際にはなんら問題ありませんでした。
昨日、新たにサイトを立ち上げた際に気づきました。

作業別にFacebookの仕様変更箇所について気づいたことをご説明します。

Facebookページの「ユーザーネーム(ユニークURL)」をすぐに設定できない

上記のプラグインセットアップ作業「1」にて、Facebookページを作成した際に、今まではすぐにユーザーネーム(ユニークURL)を変更できなくなっていました。
以前まではすぐに変更ができていました。
また、さらに以前まではフォロワー25名が必要などの制限があった認識ですが、ここ最近まではそれもなくなっていた認識です。
おそらく、4月25日あたりに様々な仕様変更があったものと思われます。

「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」でFacebookを追加できない。

本記事のアイキャッチに設定してある、メッセージが表示され、Facebook認証ができませんでした。
4月の前半に作成した別サイトでの設定時はなんら問題なかったので、これも4月25日あたりに仕様変更があったのでしょう。
「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」のサポートページに参考になりそうな記事がありました。

Facebook Error: Invalid Scopes: publish_actions.

どうやらFacebookへ投稿するための「publish_actions」に関する機能が廃止されているようです。

これは、ネイティブのFacebook APIで投稿を行うことが不可能になったことを意味している模様です。

なお、以前までに設定済みの場合は今後も利用できるものと思われます。

代替案

ネイティブFacebook APIを利用しなくとも、投稿するサービスはあるので困ることはないのかなと思います。
ただし、「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」はPremium APIとして有料対応するようです。

私は基本的に「Buffer」を利用してソーシャル連携しているのですが、Facebookに関しては記事の「作成者」が「Buffer」になるのでちょっと違和感あります。
この廃止に伴う各種プラグインやツールの仕様変更もあるでしょう。
私はこの情報について知らなかったため、APIを利用する開発者は常にアンテナを張っていなければならないのだと再認識しました。

あわせて読む

コメントを残す