【美人女社長】第5話 なくてはならないもの

結局、数日たった今でもシフトがなかなか合わず、オカヤマさんに会うことができていない。 電話で済ませてもいいんだけど、なんだかこれは運命がそうさせている気がして、会って話をすべきだと感じていた。   家に帰ると風呂に入るよ …

【美人女社長】第2話 パーソナルコンピュータ

帰宅した武石は、胸の高鳴りが収まらなかった。 パソコンで何ができるかとか、ソフトがなんなのかとかどうでも良かった。 何か自分の知らない新しい世界に入り込んでいくこと自体が期待に満ち溢れていた。   母親になにとなく、パソ …

【美人女社長】第1話 バイト先の先輩

武石は高校中退後、アルバイトをしながらその日暮らしの生活を続けていた。 ギャンブルはしない。酒も飲まない。実家暮らし。 タバコは吸うけど、親と同じものを吸ってるから、たまに拝借すればいい。 特に困ることも足りないものもな …