Windows7にiCloud Control Panel 2.1.1をインストールしてみた

ここ最近、仕事以外でWindowsは全く使っていないので、すっかり忘れていましたが、一応MacのVMWare上にWindows7をインストールしてありました。

Windows用のiCloudも存在するので、大分前にインストールしてみましたが、全く使ってませんでした。
大分前にインストールした時はアップデートしようとしたら、うまくできずに、一度iCloud Control Panelをアンインストールする必要があったり、非常にめんどくさかったです。

その辺は改善されてるのかな?
というわけで、iCloud Control Panel 2.1.1 for Windowsをインストールしてみました。

まずは、アップルのサイトから、iCloud Control Panel 2.1.1 for Windowsのexeをダウンロードします。
前回は、既にWindowsにiCloud Control Panelがインストールされている状態から、アップデートしようとした場合、エラーとなってしまいました。
その為、一度アンインストールしてから再度インストールする必要がありました。

今回もひとまず、アンインストールせずにアップデートを実施してみようと思います。
ダウンロードしたexeを実行します。

ひとまずは特にエラーになりませんでしたので、続行してみます。

使用許諾契約書への同意や、インストールパスの設定(デフォルトのまま特に変更せず)を終えると、インストールが開始されます。

しばらくすると、特に問題なくインストールが完了しました。
とりあえず、よかった。。

では、さっそくiCloud Control Panelを起動してみます。
なんの問題も無く起動しました。
今回はアンインストールが必要になるような問題は特に、見られませんでした。
また、以前にログイン済みだったので、再度ログインさせられる様なこともありませんでした。
さすがにバージョンも2.0を超えているので安定してきているのでしょう。

特にやることは無いのですが、Windows用のiCloudでもフォトストリームができるということで、ちょっと試してみました。

初期起動画面のフォトストリームの箇所に「オプション」ボタンがあるので、クリックします。
すると、フォトストリームの保存場所が設定されています。

ここで、設定されている場所にiPhone等で撮影した写真が保存されていくようです。
WindowsでもここまでできるならiCloudの良さが実感できますね。
それでは、試して見ます。
今、フォトストリームに指定されたフォルダを見ても、何も保存されていません。
この状態から、iPhoneで写真をとってみます。

すばらしい!!
指定したフォトストリームフォルダにある「My Photo Stream」に保存されていきます。
今、撮影した写真以外にもストリームに残っているものは同期されている?ようです。

Windowsでもフォトストリームができるなんて、さらにiPhoneユーザーが喜びそうですね!!
私はWindows使いませんが!!

あわせて読む

コメントを残す