MacとiPadの融合は不要。しかし、MacでiOSアプリは必要か。

AppleはMacとiPadの融合にはデメリットがあると考えているようです。

Appleのティム・クックCEO、MacとiPadの融合にはデメリットがあると語る

これについては私も同感です。
MacでできることをiPadでできる必要は無いと考えています。
iPadでもできたらいいなあということはいくらでもありますが、性能面や使い勝手の違いを考えると、それぞれで必要なシチュエーションが違ってくるのは当然であり、それはそれでいいと考えました。

ただし、この逆についてはできて欲しいし、できているべきでは無いかと考えています。

Androidに関して言えば、ほとんどのコンピュータでAndroidアプリを起動できるでしょう。
方法は様々です。

Androidに関しては、様々なエミュレータが存在していますし、AndroidゲームであればBlueStacksというサービスを利用することで満足のいく形でプレイできるでしょう。
仮想マシン上でAndroidを稼働すれば、さらにネイティブに近い環境を得ることができると思います。

残念ながら現場でiOSに関してはこれらに近い方法はありません。

しかしながら、上記の記事にもあるように、今後「Marzipan」というプロジェクトによって、macOSアプリとiOSアプリの統合がすぐ近くにやってきているようです。

Marzipanによって、何ができるようになるのか。
ただ、macOSアプリがiOSで起動できるようにするのはやりすぎである気がします。混乱するのはApp Storeを支えている開発者では無いでしょうか。

あわせて読む

コメントを残す