iPhone X の顔認証(Face ID)は非常に正確だが

iPhone X で一番利用する機能といえば、「顔認証」機能です。
精度についてはいろいろと心配でしたが、わたしは満足しています。
 

ただし、注意すべき点があります。
 

角度について

そもそも、前面カメラに映った顔面を利用して認証するわけですから、iPhone の角度が重要です。
これはコツの問題で、しばらくしたら慣れてくるかもしれません。
また、積極的に自撮りを撮る人はすぐに感覚がわかるのかもしれません。
 
しかし、窮屈な満員電車や、iPhoneの角度を適切に保持しにくいシチュエーションでよく利用する方は、あまり使い勝手がいいとはいえないかもしれません。
 
こう言った欠点と比べると、指紋認証はどんなシチュエーションでも使いやすいと言えると思います。
とにかく、角度が重要なので、iPhone X の購入を検討している方は、その点に気をつけたほうがいいとおもいます。
 

認識精度について

精度自体はとても優秀で、明るい場所であればほとんど問題ありません。
また、少し離れていても認識されるようで、その点は便利に感じます。
 
それから、二人以上が同時に前面カメラに写り込んでいるような状況では認証しないようです。
そういう風になっているのかもしれません。
もしかしたら、混雑した街中で、人の顔がたくさん映り込みやすい場所では認証がスムーズに行われないかもしれません。
 
これらの欠点はわたしは今のところ感じていませんが、精度について不満があります。
それは、寝る前に暗い部屋で iPhone X を操作している時です。
仰向けになって操作している場合は、特に問題は感じません
暗がりにも関わらず、Face ID は期待通りに動作します。
 
しかし、横向きになって、枕に顔がムギュっとなっている場合は全然認識してくれません
その為、少し顔を起こしてから認証して、その後の操作を続けます。
 
指紋認証ではこの煩わしさはなかったですね。
 

Face ID とはなんなのか

わたしの考えを述べると、Face IDはやはり歴代の iPhone から比べるとデグレードと言わざるを得ません。
大活躍するシチュエーションもありますが、指紋認証ほどの使い勝手さがありません
 
残念ながら、トレードオフとしてベゼルレスとも言える大画面を手に入れたのだと思います。
わたしの iPhone の印象は手堅く新たなハードウェアを装備していき、ソフトウェアで素晴らしいものへと昇華させてきました。
 
ステレオミニジャックの排除という大英断もありましたが、この点はわたしは大きく賛同します。
 
サイドボタンや背面にTouch IDを搭載する噂もありましたが、ケースメーカーへの配慮やデザイン面で採用されなかったのかもしれません。
 
賛否両論とも言える iPhone X は逆に次期を期待させる存在となったと言えるかもしれません。

あわせて読む

コメントを残す