[iOS7]これは iOS in the Car ではないのではないか。。

iPhone 5C

いつも欠かさず閲覧している、iPhone+iPad FAN (^_^)vさんのブログですが、ちょっと違うのではと思ったので調べてみました。そして、私の考える iOS in the Car をまとめてみました。

こちらの記事にて、
これが「iOS in the Car」!? パイオニアから対応アプリユニット登場。」とありますが、すべての iOS in the car が搭載されているわけではなさそうですね。

英語ですが、以下のWikiに記載されている5つの機能スイートがiOS in the Carの本当の姿と言えそうです。
iOS in the Car

Siriアイズフリー機能 (Siri: Eyes Free)

今回、紹介されているナビに付いているので、確かにiOS in the Carといえるかもと思いましたが、この機能自体は iOS6 から有るようです。
今回のiOS7 としてのものではなさそうです。

サテライトナビ(Satellite navigation (Satnav))

NewImage
これについては、カーナビとしての機能ではなく、 iPhone や iPad などの iOS が提供する地図を使用したナビを使用可能という意味になるかと思います。
そういう意味では、やはりこの機能を搭載するナビというのはまだ無さそうです。
さらに、アップルのサイトでは

iOS in the Carは、あなたが出勤するのか、帰宅するのかを察知して、
到着予定時刻を表示します。

とあります。ユーザーの動向を学習していくのでしょうか。

電話(Telephony instruction and control)

NewImage最近のカーナビでは Bluetooth を使用して、iPhone や Android 端末と接続してカーナビ経由で電話ができたりします。
音声も車のスピーカーから出るため、ハンズフリーになります。
これが iOS として別途、特別な機能が使用できるのでしょうか。。
詳しいことはまだ、わかりませんが、iPhoneの連絡先にアクセスできたりするのかも。。
しかし、 Siri を使用することで実現することには違いなさそうです。

音楽(Music control)

音楽の操作についても、最近のナビでは Bluetooth で接続できるので、一見特別な感じはしません。。
やはり、 Siri との連携などでより iOS に近い使用方法が可能になるのでしょうか。
iOS in the Car の発表時に登場した画像からは iPhone の画面に似ていましたが。。

iMessage(iMessage control and response)

NewImage
これについては、カーナビの画面にメッセージが表示されている画像がアップルのサイトにあります。
Siri が読み上げてくれたりするのかもしれません。

私が考える iOS in the Car

以下の記事で、iOS7 betaに iOS in the Car に関するヒントがあったようです。
iOS 7 beta hints at AirPlay for your car
そうです。 AirPlay ではないのかということです。
NewImage

Via AppleInsider

AirPlayを利用できる端末として、車に搭載されることが前提の機能と考えられそうです。
また、接続方法としては、USBやWiFiが可能となっているのでしょう。
「iOS in the Car」というプロトコルを使用して、接続することで、 iOS7 の機能を車載器として最適化された形で使用できるのではないでしょうか。

その為、すでに iOS in the Car の機能はリリース済みの iOS7 に含まれているのでは、と考えました。
しかし、現状はそれを受け止める車載器側が存在していない。。

なお、今回紹介されているナビに搭載されている「Linkwithモード」というのは iOS in the Car の機能ではなさそうです。「Linkwithモード」を実現するためのアプリをiPhoneにインストールすることが必要で、そのアプリとして提供している機能のみが使用可能となっていました。

Linkwith
App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

いずれにしても、このカーナビが「国内市販製品で初めて「Siriアイズフリー機能」に対応」で有ることは間違いありません。

iOS in the Car はリスクが有る?

iOS in the Car を実現するためにはカーナビが iPhone に依存しなければいけないのではないでしょうか?
AirPlayを受け止める装置に徹する必要があって、あとは iPhone におまかせとなるかもしれません。
そうなった場合に、もしも車載器と iPhone の連携がうまくいかない場合は、車載器はただの、お荷物になってしまいます。
通常のカーナビとしての機能は持ちながら、 iOS in the Car モードに変更ということが可能ならば、カーナビメーカーは単純に付加価値として追加できそうです。

しかし、一見するとカーナビシステムを iOS に置き換えるようなイメージが私には感じられました。
Appleは完全に iOS in the Car で独占された車内を想像しているのではないでしょうか?
そうなった場合、カーナビメーカーにとってはリスクのある商品となってしまうのではないかと考えました。
これによって、なかなか商品化されないのでは。。と考えてしまいます。。。

あわせて読む

コメントを残す