iOS 5 beta 3 を iPhone 3GS にインストール

iOS 5 beta 3が開発者向けにリリースされました。

早速iPhone 3GSにインストールしてみます。

先日購入したiPad2にも後ほどインストールしてみようと思います。

この前はろくにリリースノートを読まなかったので、今回はざっと目を通しました。

機能的な物は今回はおいといて、アップデートに関する注意事項のみ確認します。

iTunes 10.5 beta 3も同時にリリースされていますが、iTunesをアップデートしてしまうと、iOS 5 beta 2がインストールされたiDeviceは同期できないようです。

バックアップが必要な場合は、iTunes 10.5 beta 2の状態でバックアップしましょう。

beta 2の時もそうでしたよね。私は全然気にせず進みましたが。。。

また、iCloudによるバックアップはbeta版である為、あまり推奨していない記述もありました。

バックアップが重要な場合は、iCloudでのバックアップをOFFにして、iTunesで同期しましょう。

iCloudのバックアップOFFは「設定」アプリ > 「iCloud」> 「ストレージとバックアップ」> 「iCloudにバックアップ…」ボタンをOFFにします。

今回は念のため、iTunesでバックアップしておきました。

 

それでは、アップデートです!!

まずはiTunesをアップデートです。

ダウンロードしたiTunesの.dmgをマウントしておきます。

 

アップデートを開始すると、数分で完了します。

アップデートが完了したらiTunesを起動しましょう!

この時、iOS 5 beta 2のiPhone 3GSが接続されていたので、「The iPad “Hoge iPhone” cannot be synced with this version of iTunes because its software is too old.」と表示されました。

※“Hoge iPhone” の部分は自分で設定したデバイス名称

 

まあ、iTunes 10.5 beta 2でバックアップしているので問題ないでしょう。

 

では、iOS 5 beta 3へのアップデートです。

ダウンロードしたファームウェアの.dmgをマウントしておきます。

ではいつも通り、いかの「Restore」ボタンを「option」キーを押しながらクリックしましょう。

ファームウェアを選択します。

すると以下の様なメッセージが表示されました。

リストアに関して、アップルに確認するということでしょうか。

以前はこんなメッセージでたかな。。

 

ファームウェアを更新する際のアップルとのverifyの仕組みがかわるという噂がありますが(Jailbreaker達にとって不利な?)、そういった関係でアップルに確認するのでしょうか。。

まあ、やっぱり気にせず進んじゃおう。。

前にも出てたやつかもしれないし。。

 

そして、アップデート開始。。。そろそろ寝ます。。続きはまた明日。。

 

 

 

あわせて読む

コメントを残す