HomeKit対応Philips Hueには、様々な便利な活用法があります。

review-philips-hue-image
HomeKit対応Philips Hueには、様々な便利な活用法があります。

位置情報との連携

一人暮らしをしている人におすすめなのが、照明の自動オンオフ機能です。
スマートフォンを持って指定の場所を通り過ぎれば、部屋の照明を自動でオンにしたりオフにできます。
具体的な使い方としては、夜遅くなる帰宅時です。
最寄駅や自宅近くにある店舗の周辺を指定しておけば、部屋の玄関を開けたときに照明がついています。
一人暮らしだと帰宅しても、室内が暗く寂しい気持ちになります。
しかし、電気がついていると寂しくありませんし、安心感もあるでしょう。
帰宅時以外にも、外出時に設定しておけば、照明の消し忘れを防ぐこともできます。

タイマーとの連携

HomeKitに対応しているPhilips Hueを使えば、朝も気持ち良く目覚めることが可能です。
多くの人が朝起きるときに使うのは、大音量の目覚まし時計やスマートフォンのタイマー機能です。
しかし、気持ち良く寝ているところにけたたましい音で起こされると、気持ちの良い目覚めではありません。
眠っていた体を無理矢理起こすことになるので、スッキリとした朝を迎えられないでしょう。
しかし、HomeKit対応のPhilips Hueを使えば、大音量の音でなく自然に近い光で起こしてくれます。
ベッドの近くに設置しタイマーを設置しておくと、時間になると照明がついてくれます。
照明のカラーを自然に近いものにしておけば、朝日に起こされる感覚になるので、気持ち良く目覚められるでしょう。
目覚まし時計の音が苦手な人には、おすすめの活用法です。

音声での連携

誰にでも便利な活用法は、音声で照明をコントロールする方法です。
スマートフォンに搭載されている音声認識機能を使うと、照明を点けたり消したりできます。
照明を点けたり消したりするためには、スイッチのある場所まで直接行って、オンオフしなければいけません。
作業途中に照明を点けたり消したりしたいときには、スイッチまで行くのは面倒です。
しかし、手元のスマートフォンを使えば作業をしながら、照明のコントロールができるので非常に便利です。
一つの照明だけでなく、特定の場所の照明をコントロールできたり、明るさを調整したりカラーを変更したりもできます。
離れた場所からスマートフォンを使い照明をコントロールできるだけでも、HomeKit対応のPhilips Hueを使う価値があるほどです。
HomeKit対応Philips Hueを活用すれば、生活を今より便利にしてくれます。

あわせて読む

コメントを残す