キュレーション機能を強化したFlipboard 2.0を使う!!

By: Thomas van de Weerd

こんにちは。

GoogleReaderの終了に伴ってか、Flipboradがメジャーアップデートで、ユーザーが自分の雑誌を作れるサービスが追加されました。
こまめにアップデートをしてましたが、このタイミングで「2.0」へのメジャーアップデートで、GoogleReader代替を探しているユーザーには朗報でしょう。

更新履歴

iPhone App Storeでの更新通知は以下の様に来ていました。

IMG_0618

「雑誌」作成の機能追加になっています。
それでは早速アップデートしたいと思います。

Flipboardヘルプツアー

更新後、初期起動時はヘルプが表示されます。

IMG_0619

記事単位で、「雑誌」に追加していくことが可能なようです。
今まで、PocketやInstapaperなどに貯めていたもの、ここで整理できるのでしょうか??

IMG_0620

記事に表示される「+」ボタンで簡単に自分の雑誌に追加していくことが可能なようです。

IMG_0621

今までも赤いリボンから様々な情報へアクセスできましたが、少しUIが変わっているようです。
そして、この赤いリボンから、自分の雑誌だけではなく誰か他の人が作成した公開済みの雑誌を購読できたりするようです。

詳細ヘルプ

設定画面からヘルプが確認できるので、確認してみましょう。

IMG_0622

新たに追加された、「+」ボタンから雑誌に記事を追加していくことが可能です。

IMG_0623

雑誌には、名前をつけることができて、説明文も追加出来ます。
また、その雑誌を公開することも、非公開にすることも可能です。

IMG_0624

赤いリボンから雑誌にアクセスが可能です。

気になった記事を、カテゴリ別に雑誌にまとめて、非公開で自分用の情報誌にしてもいいし、みんなと共有したい情報は公開設定で雑誌にすることもできます。
これは、かなり素敵な機能ですね!!
私だったら、プログラミングなどの技術的情報を一つの雑誌にまとめて、プログラミングリファレンスのようにするでしょう。
また、ニュースなどの記事をまとめて、本当の雑誌や週刊誌などの様にすることもできるでしょう。

あと、ポメラニアン好きなので、Instagramの写真を集めてポメラニアン専門誌を作ったりも。。。
これだけのヘルプを見ただけで、使い方がいろいろと浮かんできます!!

雑誌を作ってみる。

では早速、はじめての雑誌を作ってみたいと思います!!

IMG_0626

記事の右下には常に「+」ボタンが表示されていますので、気に入った記事で「+」ボタンをタップします。

IMG_0625

はじめに雑誌に関する簡単なリファレンスが出ます。
右にスライドします。

IMG_0627

雑誌作成の上で以下の入力が求められます。

  1. タイトル:必須項目のようです。
  2. 説明(オプション):未入力でもよさそうです。
  3. 雑誌の公開設定:今回は効果にしてみました。
  4. カテゴリ: 今回のお気に入り記事はテクノロジーにしてみました。

IMG_0630

雑誌の作成が完了しました!非常に直感的で、簡単に作成可能です。

IMG_0631

赤いリボンから作成した雑誌にアクセス可能です。

自分で作成した雑誌を閲覧する

雑誌へのアクセスは赤いリボンからです。
赤いリボンをタップし、「マイFlipboard」から自分の雑誌を閲覧出来ます。

IMG_0632

作成した雑誌は「マイ・マガジン」に登録されています。
先ほど作成した「MyMagazine」閲覧し見ます。

IMG_0633

左下にハートマークがあります。
これは「いいね」ボタンですが、Flipboardとしてのいいねボタンになっているようです。
Flipboardとして雑誌に対するいいねを集める形になっているのでしょう。

みんなが作った雑誌を閲覧する

だれか自分以外の人が作った公開設定された雑誌も閲覧可能です。
雑誌の検索は赤いリボンをタップし、検索ボックスから検索も可能ですし、「読者からの投稿」で公開された雑誌に限定して探すことも可能なようです。

IMG_0634-2

雑誌の検索結果にはアイコンが「Flipboard」のロゴになっていて、右に本のマークがついています。
タップすると雑誌の表紙が表示されます。
この雑誌が気に入った場合は、左上のリボンマークから購読できるようになります。
雑誌はいつもの様に、自分のFlipboardに追加されます。

IMG_0636

自分の雑誌のコンテンツを増やす

一度、自分の雑誌を追加した場合、次からは既存の自分が作成した雑誌に追加していく形になります。
気に入った記事を既存の雑誌に追加したい場合は、また、右下の「+」ボタンをタップします。

IMG_0637

初めて、雑誌を作成した時とは少し違う画面になります。
ここでは、既存の雑誌に追加するのか、新たに雑誌を作成するのか選択可能です。
また、記事に対してキャプションを追加することが可能です。

IMG_0639

先ほど、作成した「MyMagzine」をタップし、説明の入力をして追加してみました。
また、Facebookへの共有も可能になっています。

まとめ

新たに作成された雑誌機能ですが、非常に便利で楽しいものです。
WEB上の情報を自分の雑誌として登録することで、情報の散在を防ぎ、まとめることができます。
まさに、自分がキュレーターであり、キュレーションの真髄といえるでしょう。

Flipboardの公式サイトもアップデートされていますので、覗いてみるといいと思います。
[browser-shot url=”http://flipboard.com/” width=”400″]
パソコンからの雑誌へのコンテンツ追加様にブックマークレットも用意されているようです。

Flipboard愛用者としては、今まで使っていたあとで読むサービスなどの仕様がすくなくなるかもしれませんね。。
今後も使用方法を模索して行きたいと思います。

あわせて読む

コメントを残す