Apple Watch のシアターモードの欠点

Apple Watch でお気に入りの機能があります。
それはシアターモードです。


映画館で映画を見るときに、iPhoneをマナーモードにして、Apple Watchはシアターモードにします。
シアターモードとは、手首の向きなどでApple Watchの画面をONにする設定を一時的にOFFにするモードです。
これにより、映画館などの暗い場所でApple Watchの明かりによって、周りの方に迷惑をかけることがありません。
IMG_1179

しかし、先日何時もの通り、映画館でシアターモードにした際、隣の人に注意されてしまいました。

シアターモードにしたし、iPhoneもカバンの中にしまってある…
…のはず、Apple Watchが光っているのです…

なんと、脈拍の計測のため、内側の緑色のランプが点灯していたのです。
シアターモードでは脈拍の計測はOFFにならないようです。

また、計測をすぐに止める方法がわからなかったため、Apple Watchを袖の中に隠して、その場はしのぎました。
これは盲点でした。というか、Appleもこれについて見逃していないでしょうか…
細かい点ですが、改善して欲しいところです。

あわせて読む

コメントを残す