Appleのセットトップボックス、Apple TVのマメ知識

Apple TVは2007年にAppleが販売を開始したセットトップボックスです。
家庭内にて動画などのサービスを有線・無線LANを通じ視聴可能という機能を持ちます。
2015年には最新型となる第4世代が発売され、まだまだ現役です。

Apple TVははHDMI接続端子とインターネット環境を用意すればテレビに接続可能です。

Apple TVはiTunes Storeを使用できます。iTunesより動画などを購入し、それを再生する事も可能です。
スマートフォンよりも大きい画面で動画や映画などを楽しめるというメリットがあります。
更に、YouTubeにも対応しているため、無料で動画を視聴する事もできます。

これらの他にも、iPhone・iPod touchなどのAppleの小型端末で撮影した写真や動画などをApple TVで再生できます。
友人や家族などと旅行などで撮った写真や動画を簡単に振り替えられるのは非常に良い点です。
なお、写真や動画だけでは無く、iPhoneやiPod touchなどの画面を直接映す事も可能であり、スマートフォンでのゲームをテレビなどに出力して楽しむ事も出来ます。

容量は32GB・64GBの二種類で販売されています。
容量は、購入する人の使用用途によって選択が分かれます。
Apple TVには様々なアプリをダウンロードする事が出来ますので、アプリを多くダウンロードする人には64GBがおすすめです。
一方、動画や音楽などはストリーミングで楽しむ事が出来ます。すなわち、ダウンロードする必要が無いという事です。
アプリを多く入れない人は32GBでも良いです。

このように、今年で発売から10年を迎えたApple TVはまだまだ活躍出来るセットトップボックスとなります。
大画面で動画などを気軽に楽しめる、非常に良い機種です。

あわせて読む

コメントを残す