Appleは何もかも自身で生み出したいのか

Appleはインテルとの別離を望んでいる様です。

アップルが描く「インテルなき未来」と、見えてきたいくつもの課題

しかし、そもそもなぜ、PowerPCからインテルのx86系に移行したのか。

アップルはなぜPowerPCを捨てたのか–元IBM幹部、4年後の告白

中の人ではないし、真相はわかりません。
しかし、私はジョブズゲイツの信頼関係を美化しています。
よく噂される、MacとWindowsの良い関係を継続化する取り組みを信じています。

Windowsはなぜ必要なのか

今や、MacでBootcampを使えばWindowsを簡単に使うことができますし、MS OfficeであればMac用のアプリケーションが存在します。

ここ数年、MacでもWindowsに相当する作業が問題なくできていました。
この関係があるからこそ、Macを利用するユーザが増えたと思っています。

Windowsが無くなる日は当分来ないでしょう。
特に、Windowsが必要である理由の一つとして、神がかったActive Directoryの信頼性を崩せるディレクトリサービスが生まれてくる未来を想像できません。
Active Directoryによって、企業のコンピュータはシームレスに各種アプリケーションにアクセスできますし、統合的に管理することができます。

ある意味、この鎖によって、Windowsは縛り付けられているとも言えるかもしれません。
個人が所有するコンピュータであれば、Windowsである必要はないでしょう。
ただ、一部のコアなPCゲームではまだDirectXが必要な場合があるので、そういった意味でWindowsを選択するユーザもおられるでしょう。

企業」というキーワードがあると、Windowsは必須になってしまう様に感じています。

MacはWindowsになれないのか

Appleがインテルと別離し、独自のCPUをMacに採用するならば、短絡的に考えられるとiPhoneなどに搭載されている「Apple AXX」の様なARMアーキテクチャになるでしょう。
そうなれば、Windowsとの関係は雲行きが怪しくなるかと思いました。しかし、WindowsにおいてもARMアーキテクチャの採用には前向きな様です。

どちらかというと、ARMアーキテクチャの裾野を広げてきたAppleにMicrosoftが足並みを揃えてきたとも言えるかもしれません。

例えば、今すぐにARMアーキテクチャのMacが誕生してもWindowsの利用は継続できるでしょう。
例えば、WindowsのARMサポートが遅れてもVMwareなどの仮想環境プロフェッショナルが即座に対応を急ぐでしょう。

個人ユーザにおいて、CPUのアーキテクチャが変わったところで、大きな障害はないのではないかと考えました。
(ただし、VMWare fusion 上の Windows でDMM Game Player が起動しなかったのはショックでした)
むしろ、「Apple AXX」の様なCPUを搭載したMacが登場することで、Appleがゴリ押しする「ニューラルエンジン」を活用して、Face IDを利用できるMacが登場するでしょう。
(それはWindowsにおける「Hello」のようなことなのですが)

しかしながら、「企業」で使うことを考えたときに、Macで問題ないのかと問われれば問題あるでしょう。

企業におけるMac

企業におけるMacの利用はまだまだ、統括的でシームレスな環境は困難かなと思いましたが、最近では様々なサードパーティのサービスが存在します。
特にOneLoginの様なディレクトリサービスは便利でActive Directory無し、またはActive DirectoryへMacが参加(語弊があります)できるものです。

色々なサービスを使っているとAppleの欠点に気づくのですが、AppleのサービスにはSSO(Single Sign On)に関連するものがありません。
Appleのサービスには必ずパスワード認証(加えてMFA)を行う必要があります。
毎度毎度、これが必要で、App Storeで認証、iTunes Connectで認証とパスワード、パスワード、パスワード…です。

OneLoginなどはクラウドによって、これらを補完してくれますが、やはり企業ではオンプレミスが好まれるのも事実です。
よりセキュアと言われると、クラウドよりもオンプレミスが勝ってしまう印象です。

Macをよりセキュアに、オンプレミスで統合的に管理することはほとんど無理です。

置き換えを狙うApple

どうしてもMacを管理したいという組織はOpenLDAPなどのLDAPに関するサービスを学習し、ディレクトリサービスをカスタマイズしてMacを管理するでしょう。
さらに、今現在でもOpen DirecotryというAppleが提供するディレクトリサービスでMacをネットワークログインに対応させる方法も存在します。

Open Directoryによって、Active DirectoryライクにMacを管理できるかと思いましたが、実際には足元にも及びません。
Active Directoryは本当に偉大なのです。
(例えば、パスワード同期を含めて、Active DirectoryとG Suiteの連携なんかもできたりします)

しかし、以下の記事で書いた様にAppleは粛々と自身の欠点を補おうと考えている様です。

新しい macOS Server はいくつかの機能を廃止

リンク先に具体的に廃止予定のサービスが記載されていますが、Open Directoryの記載が見当たりませんでした。
私は力不足に感じたOpen Directoryですが、何かしらの改善を狙っているのかもしれません。
さらに、Appleの記事ではmacOS Serverの方針を「ネットワーク上のコンピュータ、デバイス、ストレージの管理にいっそう重きを置くように変わります」と記載しています。

この言葉でActive Directoryの様なサービスの誕生を期待せずにいられるでしょうか。
AppleはAppleの欠点を補完するサービスを潰しにかかるかもしれません。
例えば、アプリ開発におけるTestFlightやメディア共有におけるQuikIO、そしてディレクトリサービスではOneLoginは大丈夫でしょうか。

近い将来、企業や組織において、Macは統合的に管理できるはずです。
その時こそが、Windowsとの決別であり、x86アーキテクチャが不要になる時です。
ほとんどのハードウェアをAppleが設計して、ほとんどのソフトウェアをAppleが提供して、ほとんどのサードパーティサービスにAppleが承認してアクセス(SSO)できる様になるのではないでしょうか。

素晴らしいプロダクトをたくさん発表するAppleですが、まだまだやるべきことが残されています
そんなAppleから発表された様々な単語をパズルのピースの様に集めて行くと、見据える未来が見えてきてワクワクしてきました。

あわせて読む

コメントを残す